Windowsデスクトップアプリ(WPF)でクラッシュ解析をする

HockeyAppを使います。

  1. NuGetでHockeySDK.WPFをインストール

  2. App.xaml.csに以下を記述

 
 
これで、意図的にクラッシュを発生させれば、次回起動時に、クラッシュレポートが送信されて、HockeyAppの管理画面にすぐに反映されます。